メニュー

タイ情報

チェンマイとその近郊に関するあらゆる情報を発信しています。

チェンマイの観光スポット、レストラン、寺院などを写真を交えてディープで且つ分かりやすく丁寧に説明したいと思います。まだ全然未完成ですがこれからどんどんページを充実させてゆきますのでよろしくお願い致します。現在『チェンマイ寺院紹介』『チェンマイスポット紹介』『チェンマイコラム』のコンテンツを充実中です。是非お立ち寄りください。

チェンマイ基礎情報

歴史、気候、交通などチェンマイに関する基礎情報です

チェンマイ写真館

タイ国内のいろいろなスポット・テーマ毎に紹介します!

タイランド動画館

チェンマイ・バンコクツアーやゴルフ場、観光スポットを動画で紹介!

チェンマイレストラン紹介

ローカルタイ食堂から日本料理、高級イタリアンまで!

チェンマイのスポット紹介

観光スポットからただの田舎まで!あらゆるスポットを紹介!

おすすめ!タイ料理紹介

現地の人がたべるタイ料理ってどんなもの?そんな視点で紹介!

チェンマイコラム

チェンマイの日常の失敗談や驚いたことなど在住者視点で!

チェンマイのアクティビティ紹介

エンジョイ&エキサイティングなアクティビティを紹介!

チェンマイのゴルフ場紹介

チェンマイのゴルフ場を実際に回って評価するという企画です。

チェンマイのホテル紹介

チェンマイのホテルに実際に宿泊した体験記です。

チェンマイ寺院紹介

チェンマイ市内の寺院を紹介するコーナーです。

おすすめ現地ツアー

チェンマイハッピーツアーのお勧め現地ツアーです。

バス・鉄道情報

チェンマイの鉄道などの運賃や時刻表の紹介です。

トッケーのチェンマイコラム

管理人『とっけー』のチェンマイコラムです。内容は。。。

Chiang Mai Happy Tour’s Blog

弊社のスタッフブログです。

チェンマイ基礎情報

タイ・チェンマイ基礎情報の目次

  • 1. チェンマイの町ってどんなところ

    北方のバラと呼ばれるチェンマイはバンコクから北に約700kmにあるタイ北部最大の都市です。山々に囲まれた高原の中央にあり、地理的に中国、ミャンマー、ラオスと近い関係にあります。『チェンマイ』とは”新都”という意味で、13世紀~20世紀までの600年間にわたってランナー王国の都として栄えました。

    現在でも町には100を超える寺院があり、伝統の技術を活かした手工芸品が生産されています。市場やナイトバザール、サンデーマーケットなどの活気ある表情が見られる一方で、崩れかかった城壁や城門、堀、そして古びた寺院も見ることができ、市外に出ると四方を山に囲まれた大自然が広がり、また周辺にはエレファントキャンプなどのアクティビティも豊富でタイ国内でも有数の観光都市となっています。

    また、気候はタイ国内でも非常に穏やかな方で、外国人長期滞在者も多い町です

  • 2. チェンマイとランナー王国の歴史

    13世紀後半チェンセーン、チェンライを拠点としていたメンラーイ王が1262年チェンライに都を置き、現在のタイ北部を次々に併合し1287年ランナー王国を建国しました。周辺の小国を属領として従え、1296年チェンマイへ遷都しました。遷都の理由は、当時中国の元王朝(モンゴル帝国)が雲南地方を掌握し、ベトナム北部のパガン朝を傀儡化した中国の元王朝(モンゴル帝国)からの侵攻に備えるためといわれています。

    このころ、ランナー王国の南方ではスコータイ王朝が建国されており、当初は友好関係にあった両国もメンラーイ王崩御後はたびたび争う関係となってしまいました。

    やがてタイ中部のスコータイ王朝が滅びアユタヤー王朝が興り、ビルマのタウングー朝との間に戦端が開かれると、その中間に位置するランナー王国は当時すでに国力が弱体化していた事も相まって1558年、チェンマイはビルマ軍によって占領されタウングー朝の属国と化します。

    約200年のビルマの属国時代を経て、1774年タイ中部の”トンブリー王朝”の助成を得てチェンマイを奪還、ランナー王国は再建されます。しかし、国土は荒廃し、タイ中部の王朝”トンブリー王朝”つづいて”チャクリー王朝(現王朝)”の勢力下におかれます。ランナー王国がタイ王国に正式に編入されたのは1939年と比較的最近の事です。

  • 3. チェンマイへのアクセス

    《飛行機》

    バンコクからタイ国際航空が1日9便ほど往復しています。

    この他、バンコクエアウェイズ、エアアジア、ノックエアーなども就航しています。所要時間約1時間10分ほど。

    《鉄道》

    バンコク・ファランポーン駅より特急・急行合わせて6往復、所要時間は11時間~14時間です。

    《バス》

    パブリックバスはバンコクの北ターミナル(モーチット)から数多くのバス会社から合計100便以上往復しています。所要9時間~10時間半

    ツーリストバスは所要13時間で、バンコク・カオサン⇔チェンマイ・ターペーを結びます。

  • 4. チェンマイの気候

    タイは熱帯に位置し、乾期、暑期、雨期の大別できます。特にチェンマイでは乾期には気温が下がるなど季節感ががはっきりと表れます。

    《乾期(寒期) 11月~2月》 

    旅行に最も適した季節です。月によっては全く雨の無い日が続く事もあります。気温は朝方には10℃前後まで下がる日もあり、日中でも20℃~25℃ぐらいと非常に過ごしやすいです。 11月ごろは空気も澄み渡り、ドイステープから見下ろすチェンマイの町がとてもきれいです。

    逆に乾期の後半から暑期の前半は雨が降らない日が続くため、(また野焼きによる煙の被害もあり)空気がやや澱んだ感じで視界がよくありません。

    《暑期 3月~5月》

    ”暑い国タイ”の印象はやはりこの季節のもの。1年で最も暑いシーズンで、また、暑期の前半がもっとも湿度の低いカラカラな期間でもあります。灼熱の太陽が照りつけ、日中は30℃後半まで上がり、夜も気温があまり下がりません。ですが、日本の夏と違い湿度のせいか日陰に入ればとても涼しく、不快指数はそれほどでもありません。4月中旬のタイ正月”ソンクラーン(水かけ祭り)”が終わるころには天候が不安定になり、時折スコールが降るようになります。そうするといよいよ雨期の到来です。

    《雨期 6月~10月》

    チェンマイでは雨期の降水量が年間の75%以上を占めます。とはいっても1日中雨が降る日はあまりなく、大抵は夕方から夜の2~3時間強い雨が降るといった感じです。

    雨で気温は暑期よりも下がりますが湿度は年間で最も高いです。(日本の太平洋側の夏ほどではないですが)

    この時期は熱帯の花が美しく、果物がおいしい季節でもあります。

  • 5. タイ王国の祝祭日

    タイの祝日一覧表です。タイには王室関係の祝日、仏教関係の祭日、国の祝日に大きく分類されます。仏教関係の祝日には酒類が販売されないなど祝日の種類によって違いがあります。

    仏教の祭日 (禁酒日です)
    王室関係の祝祭日
    タイ国の祝祭日
    祭りの日 (祝祭日ではありません


    1月1日タイ国の祝日 元旦暦上の新年を祝う日です。

    ※2月中旬頃仏教の祭日 マカプーヂャ(万仏節)釈迦の説法を聞きに使途1250人が集まった故事を記念。

    4月6日王室関係の祝日 チャクリー王朝記念日ラーマ1世が現在の王朝を開いた記念日。

    4/15~17タイ国の祝日 ソンクラーン(タイ正月)バラモン陰暦の元旦が起源。水かけ祭り。

    5月5日王室関係の祝日 国王即位記念日1950年、プミポン国王が即位した日。

    ※5月中旬頃仏教の祭日 ウィサカプーヂャ(仏誕節)釈迦の誕生を記念する祝日で、非常に重要な日とされる。

    ※7月中旬頃仏教の祭日 アサハプーヂャ(三宝節)釈迦の誕生を記念する祝日で、非常に重要な日とされる。

    ※7月中旬頃仏教の祭日 カオパンサー(安居入)三宝節翌日から3か月間僧侶は寺院にこもり修行します。

    8月12日王室関係の祝日 シリキット王妃誕生日全国各地でお祝いがされます。別名『母の日』

    ※10月中旬頃タイの祭り オークパンサー(安居明)3か月の安居入り期間の修行終了と雨期明けの祝いです。

    10月23日王室関係の祝日 チュラロンコーン大王記念日中興の祖ラーマ5世の偉大な功績をたたえる記念日。

    ※11月初旬頃タイの祭り ロイクラトン(灯篭流し)水の精霊に感謝する灯篭流し祭り。材料はバナナの幹・葉。

    12月5日王室関係の祝日 国王陛下誕生日プミポン国王の誕生日です。別名『父の日』

    12月10日タイ国の祝日 憲法記念日ラーマ7世時代に立憲革命でタイ初の憲法が公布された日

    12月31日タイ国の祝日 大晦日1年の最後の日。タイ正月より地味です。

    ※は旧暦に基づいて日にちが決まるため、毎年日時が変わる祝祭日を示します。

  • 6. タイの宗教

    仏教国タイの仏教

    タイも日本と同じ仏教国ですが、全く違う由来の宗派ですのでかなりの違いがあります。 日本の仏教は大乗仏教(北伝仏教)の1種で、釈迦入滅後数百年を経てチベット⇒中国⇒朝鮮⇒日本というルートで伝わってきました。 一方タイの仏教は南方上座部仏教(テラワーダ仏教)の一種で13世紀のスコータイ王朝のころに伝わったとされ、以降のタイの歴代王朝は仏教を手厚く保護してきました。タイ王国の仏教人口は約94%といわれており、北部地方のチェンマイではおそらくその比率はもっと高いと思われます。(タイ南部はイスラム教徒の比率が比較的高いです) 南方上座部仏教を小乗仏教と呼ぶ場合もありますが、これは大乗仏教の側から見た蔑称となります。 大乗仏教はその名の通り、万人を救済する思想・宗派なのに対し、上座部仏教は、釈迦の本来の教えに忠実に従って、厳しい戒律を設け、自身の修行による解脱、悟りを開こうという思想・宗派なのです。

    僧侶に対するマナー

    タイの仏教には僧侶の227の厳しい戒律があり、その中にに『女性に触れてはいけない』というものがあります。注意しなくてはいけないのは女性側の方で、托鉢の時にも女性は直接物を渡してはいけません。(黄色い布の上にのせます)たとえ赤ちゃんであってもこの戒律は適用されます。

    お寺は町の公民館

    タイの仏教寺院は日本のお寺よりもずっと身近な存在のようで、日々人々が参拝に来るのはもちろん、地方にあっては特にお寺は集会所、相談所、学校、娯楽センターといった公民館の役割を果たしています。ですので、祝日に屋台が出たり、宴会でどんちゃん騒ぎをしても罰当たりとはされません。そんなタイの普通のお寺を覗いてみるのもまた良いかも?

    精霊信仰(ピー)

    タイには仏教が入る以前にアミニズムが浸透していたため、今でもそれが色濃く残ります。
    その代表的なものが、『ピー』とよばれる云わる”お化け”の存在です。
    タイの町や村の各所いたるところに『ピー』を祭った祠があります。
    タイ人はほとんど例外なくこの『ピー』をおそれ、”『ピー』が怖いから夜一人で寝られない”なんて人も?

Copyrights c 2010-2019 Chiang Mai Happy Tour.   All rights reserved.